パルプ産業と紙

パルプ産業と紙は、パルプと製紙の2つの部分に分かれています。パルプ化工程とは、素材など繊維に富む素材を準備、調理、水洗、漂白などの工程を経て、製紙に使用できるパルプにする工程である。製紙工程では、パルプ部門から送られたスラリーを混合、流動、プレス、乾燥、巻取りなどの工程を経て、完成紙を製造します。また、アルカリ回収装置は、パルプ化後に排出された黒液中のアルカリ液を回収して再利用する。廃水処理部門は、関連する国の排出基準を満たすために、製紙後に廃水を処理します。上記の製紙の様々なプロセスは、調整弁の制御に不可欠です。

パルプ産業および製紙用の機器とNEWSWAYバルブ

浄水場: 大口径バタフライバルブとゲートバルブ

パルプ化ワークショップ: パルプバルブ(ナイフゲートバルブ)

紙屋: パルプバルブ(ナイフゲートバルブ)とグローブバルブ

アルカリ回収ワークショップ: グローブバルブとボールバルブ

化学機器: 制御弁とボール弁の調整

下水処理: グローブバルブ、バタフライバルブ、ゲートバルブ

火力発電所: ストップバルブ