石油精製

石油精製所とは、地層から抽出された原油の蒸留、触媒、クラッキング、クラッキング、水素化精製などのプロセスからディーゼル、ガソリン、灯油、潤滑油、石油コークス、アスファルト、エチレンを製造するプラントを指します。

NEWSWAYが生産するバルブは、製油所が必要とするさまざまなバルブに完全に対応し、火災、爆発、その他の危険な状況を防ぎ、装置の安全な操作を保証します。

製油所ユニット、一般的に使用されるユニット、およびNEWSWAYバルブによる対応するバルブの選択:

触媒デバイス: プラグバルブ、一方向減衰バルブ、高温バタフライバルブ、空気圧バタフライバルブ、高温ゲートバルブ、主に高温耐摩耗性バルブ。

水素製造、水素化、改質ユニット: 軌道ボールバルブ、コントロールバルブ、Y型グローブバルブ、油圧バタフライバルブ、高圧バルブ、圧力は通常1500LBよりも高いです。

コークス化装置: 2方向ボールバルブ、4方向ボールバルブ、プラグバルブは、主に高温バルブに基づいており、材質はほとんどがクロムモリブデン鋼です。高圧ハードシールボールバルブ、通常1500 LB〜2500LB。

大気および真空蒸留ユニット: クロムモリブデンとステンレス鋼で作られた電気ゲートバルブ

硫黄デバイス: 主断熱ジャケットバルブ、ジャケット付きゲートバルブ、ジャケット付きボールバルブ、ジャケット付きプラグバルブ、ジャケット付きバタフライバルブ。

S-zorbデバイス: メタルハードシールボールバルブ。摩耗と高温に必要です。

ポリプロピレンユニット: ステンレス鋼の空気圧ボールバルブ

特定のデバイスなし: 主に調整弁:空気圧バタフライバルブ、空気圧ボールバルブ、空気圧セグメントボールバルブ、グローブコントロールバルブなど。